4月 112017
 

読売新聞(ヨミウリオンライン)によると。

「真央ちゃん、ありがとう」
 トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と笑顔で日本中を魅了してきたフィギュアスケート女子の浅田真央(26)が、現役引退を表明した。

 浅田真央はブログで「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」などとつづった。

 2004~05年シーズンに国内外のジュニアのタイトルを総なめにして天才少女と呼ばれた浅田は、06年トリノ五輪は年齢制限で出場できなかったが、08年に世界選手権で初優勝。10年のバンクーバー五輪では、女子では跳べる選手が少ない高難度のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をショートプログラム(SP)とフリーで計3度成功。金妍児(キムヨナ)(韓国)に及ばなかったものの、初出場の五輪で銀メダルを獲得した。

 かつての「天才少女」の引退に、関係者からは惜しむ声が上がった。

 浅田真央が中京大中京高スケート部時代の恩師、渡辺伸雄さんは「やるべきことをやりつくしたと思っているのではないか。長い間、お疲れさまと言いたい」とねぎらった。

 ツイッターでは、織田信成さんが「本当にありがとう。ずっと真央ちゃんのスケートが大好きです」などとつづったほか、村主章枝さんも「あの笑顔で沢山の方が勇気と希望をもらったと思います」と浅田を称えた。姉の浅田舞さんも、ツイッターで「本当にお疲れ様」とねぎらった。

 菅官房長官は11日午前の記者会見で、「小さいころからフィギュアスケートに熱中し、素晴らしい演技を国民に見せてくれた。ファンに愛され続けてきたまれな選手だと思う」と引退を惜しんだ。

 Posted by at 10:35 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>