2月 212014
 

Record China によると。

2014年2月21日、新浪体育によると、ソチ五輪フィギュアスケート女子シングル、フリーの演技を中国中央テレビ(CCTV)は生中継で伝えた。

試合はロシアのソトニコワが金メダル、韓国のキム・ヨナが銀メダル、イタリアのコストナーが銅メダルを獲得した。日本の浅田真央は142.71の高得点を出し、前日のショートプログラム(SP)から順位を大きく上げ、6位入賞を果たした。

CCTV解説者の陳●(チェン・イン。●=さんずい+草冠の下に「宝」)氏は、「初めてジュニアでトリプルアクセルを成功させた選手であり、初めて1つの試合で3回のトリプルアクセルを決めた選手」という言葉で浅田を表現。「浅田はずっとこの高難度のジャンプをあきらめなかった。今日、彼女は戻ってきた。すごいことだ。こんなに難しいジャンプを、彼女はあきらめなかった」と述べた。

冒頭で浅田がトリプルアクセルを成功させたシーンでは、中継の2人は口をそろえて「どうしてショートプログラムでできなかったの?」と悔しがった。演技直後、浅田が涙を流すと、陳●氏と解説の陳露(チェン・ルー)氏も涙を流したという。

 Posted by at 9:44 AM