1月 282015
 

現代ビジネス によると。

 日本国内で栽培されている野菜類の原産地はその多くが海外です。ジャガイモやトマトは南米アンデス、トウモロコシやサツマイモは中米、タマネギやキャベツは地中海沿岸、キュウリやナスは南アジア等が原産地です。原産地では人の手を加えなくても野菜類は育ちますが、土壌や気候条件が異なる地域では人の手を加えないと、ほとんどの野菜類は育ちません。

 野菜類を原産地以外で栽培するために、播種の時期や方法、耕耘の深さや粒径、肥料の種類や施用量、有機物の種類や施用方法、畝の高さや方向、移植や定植の時期と方法、整枝や摘心、採種や種芋の保存方法、地域適応性を高める育種など等、様々な栽培技術を開発してきました。

 具体的には、気温に連動する山の雪解けや桜の開花、イチョウの黄化や渡り鳥の飛来など自然暦によって、田植えやイモの伏せ込みなど農作物の播種や定植、収穫の時期など、原産地の気温条件(適期)に合わせて栽培することで解決してきました。また、降水量に左右される水分は鋤床層の形成や灌水することで解決してきました。しかし、土を野菜類の原産地の条件に合わせることはきわめて困難です。

 単一作物を栽培するプロの農家なら栽培する作物に合わせた土づくりは可能ですが、家庭菜園は多品目の野菜類を栽培するため、多くの野菜類に合った土づくりが必要になります。肥沃な土を好むホウレンソウやハクサイ、�覧せた土でも栽培可能なサツマイモやエダマメなどがあります。同じ土づくりを行うと、一方は栄養不足で生育不良となり、他方は栄養過多で蔓ボケなどになります。また、深根のゴボウやスイカと浅根のキュウリやトマトでは耕し方が異なります。

 では、すべての野菜類に合った土づくりは不可能かといえば、そうではなく、ある程度の共通した土づくりは行えます。水と栄養は全ての野菜にとって、量は異なりますが必要です。水はけと水持ちを良くする立体構造、栄養分を保持する有機物や粘土の施用は共通する部分が多くなります。

 山の崩壊地や河川の氾濫地などでは、最初に根粒菌やフランキュア(放線菌の総称)などの空中窒素を固定する菌と共生するハンノキやニセアカシヤなどの植物が繁殖して栄養分を作り出します。次に栄養分を好む植物が繁殖し、やがてその土地の気候や土壌条件に適合した植物相(極相)に遷移します。

 植物は個々の繁栄のため、他種を排除して繁殖する性質がありますが、一種類だけの植物で生存することはほとんどありません。何種類かの植物が共栄して群落を形成します。安定した自然生態系を観察すると、同じ場所に同じ植物が毎年自生してきますが、家庭菜園の野菜類でも、このような自然と似た栽培は可能だと思います。

 一種類だけの野菜で菜園に好適条件を作り出すことは困難ですが、何種類かの野菜類を組み合わせるとそれが可能になります。伝承農法では麦類の間にラッカセイやサトイモを栽培、根粒菌と共生するインゲンやダイズと多肥を好むトウモロコシの間作や、長ネギとウリ類、柿とミョウガ、梅とリュウノヒゲの混植などが行われてきました。間混作は原産地でない土地でも作物の栽培を可能にしてきました。農耕地は人の手によって管理されますので、極相は存在しませんが、安定した耕地生態系は存在します。完成した間混作は耕地生態系の極相とも考えられます。

 農薬や化学肥料は農業生産の安定と増収に大きな役割をはたしました。しかし、害虫や病害を絶滅させ、草も生えない栽培方法は生態系を攪乱しました。生態系の攪乱はこれまで病害虫として問題とならなかった微生物や昆虫の病原菌化あるいは害虫化、朱鷺やコウノトリの絶滅等、新たな問題も引き起こしました。

 日本国土の70%は山林であるため、落葉や枯れ草などの有機物は容易に手に入ります。収穫残渣、落葉、草などを用いた堆肥で栽培した農作物は物質循環系にとって大切です。また、野菜類は連作すると土壌病害などの連作障害が発生すると考えられてきました。しかし、連作すると一時的に連作障害が発生するものの、さらに連作を続けると病害虫が減少し、収量が増加する不思議な現象が現れます。土は農作物を育てますが、農作物は土壌微生物などを介してその農作物に合った土を作ります。

 このたび、講談社ブルーバックスから『「育つ土」を作る家庭菜園の科学』を上梓しました。有機物を十分に施用した土づくりを行い、草類も含めた耕地生態系を作り上げ、原産地の温度条件に合った適期に栽培すれば、農薬や化学肥料に頼らない家庭菜園が可能と思います

 Posted by at 8:43 AM
12月 102012
 

どうもこのあたりの園芸店で見たら奈良県の土とかあるのですが
シンチレーションをあてると光るのが早いのです。
それはいくらか何かが作用しているからなのでしょう。他とはちょっと違います。
たぶん腐葉土とか混ぜ物とか産地かな。
ということで安全な土を求めて楽天へ。
「金の土」
届いてみるとなかなかしっかりしている会社のようで
土に混ぜてあるものすべての産地が書いてある。
ベランダなのでよみがえる土のほうも買ってみた。
どうも外から窓ぎわに持ってくるとへなーっとなってしまった。
成長も悪いので土に混ぜてまた外へ持って行って
ベランダに簡易的にビニールで温室を作っているのでそこで育てることに
しました。明日は家の中の観葉植物も株分けしようかな。
(今年買ったものなので家の中に入れるので土はどこのものか不明な為)
ホ。。。そんなに考えなくてもいいんじゃない?って言われてもね
実際ここにいたらやっぱり気にしないといけないことが沢山あるのです。
内部被ばくだけじゃなくて外部被爆。
「たいしたことないんじゃない」「そんなに気にしなくても」と
言われてもそれは実際Bqで測定したら一目瞭然。100bqはそのへんに一杯。
100bqとは震災前は黄色い放射能の赤いマークのついたドラム缶に入れなくてはいけない
数値だったんだよ。
私が歩く駅までの道の土もおそらく300bqとかある所もあるんですよ。
100bqの所を歩いていて時々300bq以上の所も歩く。
だからね、震災後はその3,4倍はあったんですよ。
それが今風で拭きだまりに溜まっているという状態。
だからもう本当は園芸なんて無理だと思っていたんだけど
安心な土を見つけてほっとした。土に触れるよ。
明日画像UPしますね。

その何倍もある所もある。

 Posted by at 10:49 PM